お勧めの美術館

ショパンとジョルジュ・サンドが通ったサロン

皆さま、こんにちはニコニコ
 
先日の投稿の続きです。
モンマルトルの麓にある、
 Musée de la Vie Romantique
ロマン主義博物館からの
パリの写真です。
 

 

 

 
↓博物館は、この建物ですビックリマーク

 

 

 
 

ここは、元々、

 
 
オランダはドルトレヒト出身の画家、

 
 
↓アリ・シェフェールの家でしたが、今は
 
 
小さな博物館として一般に開放されています。
 
 
 
アリは頻繁にお客様を招待していたらしく、
 
 
 
ここは、当時、人気のサロンだったそうです。
 
 
 
集まった人々の名を聞いてびっくりですビックリマーク
 
 
 
音楽家のショパン、リスト、ロッシーニ、
 
 
 
文豪のジョルジュ・サンド、ヴィクトル・ユーゴ
 
 
 
画家はドラクロワ、、、
 
 
 
だったそうですよおーっ!おーっ!おーっ!
 
 
 
19世紀を代表するそうそうたるメンバーが
 
 
 
足繁く通ったこの館。
 
 
どんな光景だったのかと、、
 
 
想像はしてみますが、
 
 
まあ、その域を遥かに超えた
 
 
社交界であったことは間違いなさそうです。
 
 
 
↓所縁のあったジョルジュ・サンドの
 
 
遺品たちてす。
 
 
 
ジョルジュ・サンドは
 
ショパンの恋人だった人ですが、
 
リストがショパンとジョルジュ・サンドを
 
引き合わせたといわれています。
 
 
 
 
ジョルジュ・サンド、サンド家所縁の品々が
 
飾られる部屋の中心に、
 
手を形どった石膏があります。
 
左手首はショパンの
 
右腕は、ジョルジュ・サンドのものだそうです。
 
凄まじく、、、リアルでした。
 
 
 
 

 

 
 
 
↓椅子の上に置かれたお花、
 
 
 
分かりますかはてなマーク
 
 
 
 
 
“ここには座らないでね”
 
 
 
という優しいメッセージ。
 
 
 
ロマン主義とは、、、
 
 
“理性”より”想像力”を
 
 
 
“形式”より”内容”を重んじるあたり
 
 
の精神はどこか、
 
 
このお花にも通ずるものがあるのでしょうか。
キラキラ
 
 
 
 
小さな空間だけに、
 
 
 
約180年の時を超えても、
 
  
 
その時代に秘めた鼓動までもが
 
 
 
伝わってくるようでした。
 

 
 

それでは、今日はこの辺で。。。

 
 
 
では、またね〜ニコニコニコニコニコニコ

 

POSTED COMMENT

  1. coralgreen6 より:

    今日も素敵な場所にご案内頂き有難うございます♪
    ショパンは大好きです。彼の生涯を思うと、サロンの日々は幸せで良い時代でしたね♪
    昨日のカフェが美術館の庭園カフェだったのですね!
    4月~10月の期間限定、5月下旬は薔薇が美しいとありました。
    斜めに生えている太い樹木、枝も同じ方向に伸びている写真をネットで見つけました。倒れそうと心配してしまいますが、きっと根っこも同じ方向にしっかり伸びているのですね♪
    椅子やテーブル、渡り廊下、建て物の窓の色もフォルムも調和感があって繊細で、うっとりします♡
    カフェクレムも一層美味しくなりますね♪

  2. Parisの写真 より:

    >coralgreen6さん、コメントをありがとうございます。

    そうなのです! ここは、博物館と言いながら、庭園カフェと合わせて、お庭の木々や季節のお花も楽しめる場所なのです。当時、ロマン主義においても盛んに議論を重ねた芸術家や音楽家、そして、哲学者達が好んだ空気というものに触れられる、とても貴重な場所だと思いました。

    いつも、感想を聞かせて下さり、ありがとうございます。(╹◡╹)♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA